やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

世界で活躍する人材を徳島から!~目指せ!「地球人」~

 最近の若者は、とかく「内向き志向」と言われがちですが、そんなことはどこ吹く風!本県の若い力は、日頃磨いた技術を強みに言葉の壁を乗り越えて、積極果敢に国際交流の道を切り拓いています。
 本県と友好協定を締結しているドイツ・ニーダーザクセン州で今年8月に開催されたドイツ最大の科学見本市「アイディア博2013」。阿南工業高等専門学校の「小水力発電装置」と徳島科学技術高校の「スターリングエンジン」が合同で出展。「徳島ならでは」の高い環境技術を世界にアピール、34万人を超える来場者から大いに注目を集めました。
 さらに同州のシェーラベルク職業学校と友好協定を締結している徳島商業高校も8月に同職業学校などを訪問。授業への参加をはじめ、現地の歴史や食にも親しみました。「とくしま教育週間」にあたる11月6日には、同職業学校の生徒が来県するなど、互いに刺激を受けながら大いに交流を深めています。
 さらに、同校は7月にはカンボジアを訪問。地元産品を使った土産物を地元の生徒と知恵を出し合い、共同開発するユニークな取組みを進行中。新たにJICA(国際協力機構)の事業として国の支援も受け、本格的な交流を加速して参ります。
 そこで県では、「海外に挑戦してみたい!世界中で活躍したい!」若者のチャレンジ精神を強力にバックアップ。中・高校生には海外語学研修や留学支援、海外勤務や留学の経験者から直に話を聞く「徳島留学フェア」など、グローバル感覚を養う様々な事業を強力に展開していきます。
 本県の農業や製造業など様々な経済分野でのグローバル展開は今後、一層加速していきます。となれば、重要なのは「グローバル人材」の確保!県では、若い皆さんの気概溢れる挑戦を積極的に支援して参りますので、県民の皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いします。