やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新たな「徳島の知恵」を全国へ!~徳島版地方創生特区の創設~

 今や地方創生の代表例として注目される徳島の「サテライトオフィス」。この集積を促進した全国トップクラスの光ブロードバンド環境は、地デジ化によるチャンネル数激減に対応するための「全県CATV網」整備が始まりでした。
“ピンチをチャンスに”がお家芸の徳島、アイデアの種は課題の現場に埋まっているはず!と「地方の知恵」を掘り起こし「芽出し」をする全国に例のない「徳島版地方創生特区」を創設!
5市町からいただいた7件の意欲あふれる提案のうち、先駆性と具体性を有し、将来的な発展性を秘めた2事業を特区に指定しました。
 1つ目は、「徳島ドローン特区」。那賀町にある手つかずの自然をドローンの空撮技術で全国発信。鳥獣害対策にも活用し、最先端技術活用のフィールドを整備します。2つ目は、板野町の「新南海道再興戦略特区」。南海道、撫養街道といった歴史ある「道」をキーワードに、「道の駅」整備や、「光の道」と銘打ち、光ファイバー網を活用したサテライトオフィス・ICT企業誘致を推進します。
 また、あと一歩で指定に及ばなかった事業にも、キラリと光る可能性が!専門家を交え、次なる「地方の知恵」をしっかりと育んで参ります。
 さらに国に対して、元気な高齢者支援や障がい者雇用の促進、子育て支援の充実などを内容とした「誰もが輝く!『とくしま総活躍特区』」を提案し、「課題解決先進県・徳島」の知恵をお裾分け!
 今後とも“知恵は地方にあり”の気概で、「一億総活躍社会」を徳島からリードして参りますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いします。