やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

リオから2020年東京へ~松友美佐紀選手へ県民栄誉賞!~

 今年は、「昭和南海地震」から70年、「東日本大震災」から5年。この節目となる年を「防災メモリアルイヤー」と位置づけ、防10年前、女子バドミントン全国大会優勝の際にもお会いした徳島中学校(当時)の松友美佐紀選手。今度は、オリンピック金メダリストとして戻って来てくれました!
 日本選手の活躍で幕を閉じたリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック。本県関係選手の皆様、舞台裏で支えられた皆様、本当にお疲れ様でした。
 今回、リオでの快挙は、何と言ってもバドミントン女子ダブルス!松友選手と髙橋選手のペアは、「日本バドミントン界初」の金メダルを獲得!追い込まれた展開で、なお「前に出る」戦いぶりは、本県はもとより、日本中に勇気を与えて頂きました。
 日本スポーツ界の歴史に新たな1ページを書き加えた松友選手。その功績を称え、松友選手に県民栄誉賞を、さらに髙橋選手にも特別功労賞を贈呈させて頂きました。
 そして、パラリンピックでは、「柔道男子66㎏級」の藤本聰選手、「同100㎏超級」の正木健人選手が、それぞれ銅メダルを獲得!お二人には、徳島県表彰をお贈りさせて頂きます。
次のオリパラは、2020年東京。世界中の注目が集まる中、今年から文化プログラムが開始。この絶好の機会に、オリパラのエンブレムを染め上げたJAPAN BLUE「阿波藍」はじめ、本県文化をPRして参ります。
 藍色のエンブレムのもと、表彰台に上がる徳島ゆかりの選手たち。2020年のメダリストは、今までにお会いした方の中にもいらっしゃるのかも知れません。全ての出会いを大切に、徳島県から東京オリパラを盛り上げていきましょう!