やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

ごみゼロ・循環型社会の構築へ~3R推進全国大会開催!~

 皆さんは、3R(スリーアール)という言葉をご存知ですか?3Rとは、ごみを減らす「Reduce(リデュース)」、物を繰り返し使う「Reuse(リユース)」、資源を再生利用する「Recycle(リサイクル)」の取組みで、環境に配慮した循環型社会を構築するためのキーワード。
 3Rの理解を深め、推進するため、「3R推進月間」で「リサイクルの日」となる10月20日、中四国初となる「第11回3R推進全国大会」を徳島文理大学で開催!全国から事業者や行政など約400人が参加、ごみ排出量ゼロを目指す上勝町のNPO法人が「循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰」を受賞!3Rに係る基調講演や先進的な取組み事例が発表されました。
 また、我が国では、まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が年間632万トン!その半分は一般家庭から排出されています。10月8日、「食品ロス」をテーマに「ら・ら・ら(3R)フェスティバル」を開催!味は変わらないのに見た目の悪さから店頭に並ばない野菜の販売や、料理研究家・高校生の皆さんと「美味しく、無駄なく、使い切る」アイデア料理の実演を行いました。
 皆さんも、「食べ残しをやめる」、「詰替用の製品を選ぶ」、「ごみを正しく分別する」など、できることから3Rの取組みを始めてみませんか!
 今後とも、美しく恵み豊かな徳島の環境を未来につなぐため、「環境首都・新次元とくしま」の実現に向けた取組みをさらに加速して参りますので、皆さんのご理解・ご協力をお願いしますね。