やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

5年に1度実施される「国勢調査」。

 5年に1度実施される「国勢調査」。大正9年の第1回調査から「100年」という大きな節目を迎え、「#みんなの国勢調査」を合い言葉に、いよいよ9月14日からスタートします。

 日本に住む全ての人や世帯が対象となる国勢調査は、国を挙げての一大プロジェクト。調査結果は、将来を見通すための人口推計をはじめ、少子高齢化対策や防災対策など、私達の暮らしに欠かすことのできない様々な政策に役立てられます。

 調査に先立ち、9月1日には、「令和2年国勢調査徳島県実施本部」を県庁に立ち上げるとともに、コロナ禍で様々な不安も多い中、なんと「4千人」を超える皆さまに「国勢調査員」にご就任頂き、実施体制を整えたところです。

 今回の調査では、近年の個人情報保護意識の高まりに加え、新型コロナウイルス感染拡大で「対面調査」がより一層難しくなる中、世帯と調査員が対面しない「非接触型の調査」が推奨されています。

 このため、調査員からの説明はインターホンやドア越しで行い、書類は郵便受けやドアポストなどに入れて配布することとしています。また、同時に開始される「インターネット回答」では、パソコン、タブレット、スマートフォンを通じて、24時間いつでも回答でき、調査員による回収も不要となりますので、新型コロナウイルス感染防止の観点からも、是非「インターネット回答」の積極的なご活用をお願いします。

 書類による回答は「10月1日~10月7日」、インターネット回答は「9月14日~10月7日」の間となっておりますので、「令和最初」の国勢調査へのご協力、よろしくお願いします。

 詳しくは「国勢調査オンライン」をチェック!

(徳島県知事 飯泉嘉門)