やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

最先端の新技術・新製品の展示やビジネスマッチングのための商談会の実施、

 最先端の新技術・新製品の展示やビジネスマッチングのための商談会の実施、子ども達に最先端の仕事を身近に親しんでいただくための見学ツアーの開催など、県内外の産学官の優れた取組みを広く発信する機会として2000年にはじまった「徳島ビジネスチャレンジメッセ」がアスティとくしまで開催中です。

 20周年記念大会となる今回のメインテーマは「新時代への転換!」、新時代を彩る約100の企業・団体がアリーナいっぱいにブースを並べ、最先端の取組みの紹介を行っています。

 中でも、特に注目を集めているのが、2020年の実用化が目前となった次世代移動通信システム「5G!」、これまでの4Gと比べると、100倍の通信速度(超高速)や、通信時のタイムラグがこれまでの10分の1にまで短縮(超低遅延)、これまでの約40倍もの数の端末が一度にネットワークに接続可能(多数同時接続)などの特徴により、遠隔医療や自動運転など、幅広い社会インフラへの応用が大いに期待されています。

 こうした5Gが拓く未来の実装に向け、国における5Gネットワーク構築に向けた施策紹介や、県内で先進的な経営に取組む企業経営者をパネラーにお招きし、議論を行う「とくしま経済飛躍サミット」を昨日開催し、私もコーディネーターとして出席させていただきました。サミットでは、5Gがもたらす「通信革命」を県内企業の課題解決につながるアイデアが次々と提案され、まさに「知恵は地方にあり!」の活発な意見交換が行われました。

 来年からのSociety5.0時代の幕開け、5Gの利活用をはじめ県内の課題解決に向けた取組みについては、今後とも様々な機会を通して皆様にお伝えして参ります。

(徳島県知事 飯泉嘉門)