文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新生・県立博物館グランドオープン記念セレモニー

新生・県立博物館グランドオープン記念セレモニーの画像

 この日、新生・県立博物館グランドオープン記念セレモニーが行われ、飯泉知事が出席しました。

 県立博物館は、昨年開園30周年を迎えた文化の森総合公園の記念事業の柱として、これからの時代にふさわしい新しい博物館を目指し、常設展の全面リニューアルを進めていました。

 新生・県立博物館は、「徳島まるづかみ!ー”いのち”と”とき”のモノ語りー」をコンセプトに、これまで収集してきた豊富な実物資料に加え、VRやAR等の先進的な技術を駆使し、「どきどき、わくわく」が体験できる新未来型の博物館となっています。

 また、リニューアルに当たっては、構想づくりから県民の皆様の意見を盛り込むとともに、設計段階から障害のある方や外国籍の方に参画頂く、いわゆる「インクルーシブデザイン」を、県立博物館では全国で初めて導入し、誰もが快適に楽しく利用できる施設としました。