やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「かんきつテラス徳島」開設記念式典

「かんきつテラス徳島」開設記念式典の画像

 勝浦町に立地するリタイアインフラである旧果樹研究所を活用し、かんきつを核とした農村地域の更なる活性化を図る拠点として整備を進めてきた「かんきつテラス徳島」がオープンしました。

 「かんきつテラス徳島」は

 ・「徳島かんきつアカデミー」専用の講義室や実験室など、充実した研修環境による「かんきつ人材の育成」

 ・イベント開催やフィールドワーク活動による「新たな交流の創出」

 ・地元・勝浦町の特産物を活かした新たな加工品開発や、お試しサテライトオフィスにおける民間事業者の誘致による「地域活力の向上」

 といった「3つの機能」を兼ね備えており、かんきつ栽培の伝統・技術の継承、地域のにぎわい交流を促進する拠点となっています。

 記念式典で飯泉知事は「『本県果樹研究のレガシー』を受け継ぐ、この『かんきつテラス徳島』の機能、魅力を最大限に発揮し、農村地域の活性化に繋げて参るとともに、全国に誇る『かんきつ交流の聖地』に向けて、しっかりと取り組んで参る」と挨拶しました。