やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

消費者庁新未来創造戦略本部開設式・看板除幕式

消費者庁新未来創造戦略本部開設式・看板除幕式の画像

 消費者庁が、消費者政策の研究や国際業務を担う「新未来創造戦略本部」を徳島県庁10階に開設し、業務を始めました。衛藤晟一消費者行政担当大臣、伊藤明子消費者庁長官らが来県され、徳島県庁正面玄関前にて開設式・看板除幕式が行われました。

 新未来創造戦略本部は、消費者行政新未来創造オフィスでの3年間の試行を経て体制を拡充します。当初の人員は消費者庁職員15人程度と企業や大学の研究者ら45人程度の約60人で、年度末までに約80人に増員します。

 看板除幕式で飯泉知事は「この戦略本部が全国はもとより、世界的な消費者行政・消費者教育の発展・創造の拠点となるよう全面的に支援し、本県の『新次元の消費者行政・消費者教育』をより一層レベルアップし消費者政策の浸透・定着を図るとともに、本県での成果が全国へ展開されるよう全力で取り組んで参る」と挨拶しました。