やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

中央病院改築事業

徳島県立中央病院改築事業について

県立中央病院改築事業については、平成14年9月に「徳島県立中央病院改築推進懇話会」を設置し、新しい 中央病院が担うべき政策医療や経営のあり方等について議論し、平成15年8月に飯泉知事に対して意見書の報告がなされました。その後、懇話会の意見書を尊重しながら、これまでの改築計画について見直し・再検討を行い、改築計画における新たな整備の方針をとりまとめました。

平成21年7月新病院の建築工事に着工

平成24年6月新本館・エネルギーセンター棟が完成

同年10月9日新病院開院

平成26年7月旧本館棟解体工事が終了

平成27・28年度の2か年をかけて、順次、外構工事等に着手する予定です。

平成24年6月新館棟竣工写真

◆ 一般社団法人日本病院会が発行する「日本病院会雑誌」平成25年6月号で徳島県立中央病院が紹介されました。