やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

5Gを活用した県立中央病院ー海部病院間における遠隔医療実証実験(2)

令和2年1月14日(火)から令和2年2月14日(金)にかけて、株式会社NTTドコモ四国支社と共同で行いました、「5G(第5世代移動通信システム)」を活用した遠隔医療の実証実験について紹介します。

実証実験の内容

令和2年2月12日(水)、2月13日(木)、エコー検査装置や4K内視鏡などを用いた遠隔医療や、救急現場における遠隔医療の実証実験を行いました。

いずれも、海部病院の医師が撮影した検査映像や救急現場の様子を、中央病院の医師が確認し、診療支援や指示を行う内容となっています。

 

【エコー検査】(海部病院側)
 
(中央病院側)
 
【内視鏡】(海部病院側)
 
(中央病院側)
 
【救急支援】(海部病院側)
 
(中央病院側)
 
【実証実験後インタビュー】

 

実際に診療支援を行った中央病院の医師からは、

「思っていた以上に映像が鮮明で、その場で見ているのと遜色ないぐらいだった」

海部病院の医師からは、

「臨床経験の少ない分野で、映像を通して専門医に見てもらうのは、医師にとっても患者さんにとってもメリットになる」

との意見がありました。

 

この度の実証実験では、実際の医療現場を想定した「5Gを活用した遠隔医療」の有用性を確認できましたので、今後は、実証実験の結果分析を踏まえ、県民の皆様が地域で安心して暮らすことができる医療提供体制の構築を目指し、十分に検討を進めてまいります。

 

実証実験の動画について

徳島5G革命/TOKUSHIMA 5G REVOLUTION(YOUTUBE)(外部サイト)

※徳島県の5Gを活用した取り組みのひとつとして紹介しております。

実証実験の公表について(関連リンク)