やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

にし阿波・糖尿病サポーター

にし阿波・糖尿病サポーターとは

 にし阿波・糖尿病サポーターは,徳島県西部圏域において,糖尿病患者さんと接する機会の多い介護に関わる方に糖尿病の知識を深めてもらい,地域の糖尿病の患者さんの日常生活のサポートをしていただくことに資することを目的としています。

 令和2年度は美馬保健所管内の方を中心として令和3年2月15日に養成講座を開催し,16名のサポーターが誕生しました。にし阿波・糖尿病サポーターの登録期間は令和3年4月1日~令和4年3月31日までの1年間で,サポーターには受講終了証を交付しています。
 

にし阿波・糖尿病サポーターの活動の例

 にし阿波・糖尿病サポーターの活動は,以下のような声掛けを中心とした活動をイメージしています。

  • 1日3食しっかりと食事を食べるように伝えるなど,食生活のサポート
  • 薬を飲み忘れないように,薬の種類や飲む時間を患者さんと一緒に確認するなど,服薬のサポート
  • いつもと違う様子が見られた場合は,かかりつけ医や眼科,歯科等への受診を促すなどのサポート

※上記はあくまで一例ですので,すべてを実施するわけではありません。

養成講座で学んだことを生かし,サポーター自身が無理のない範囲でできるサポートを,必要に応じて実施する形となります。